速報!聖火台「夢の大橋」に設置 大会後もレガシーで活用へ

2020年東京五輪・パラリンピックの聖火台が競技期間中は本大会コースの臨海部のお台場エリアと有明エリアに架かる遊歩道の橋「夢の大橋」の有明側に設置される方針が17日決定!

 大会組織委員会の森喜朗会長は「(夢の大橋は)最も東京大会にふさわしい場所というのが総合した意見。(現地視察で)夕方に行ったら圧倒された。こんないいところが東京都にあるんだなと非常に印象深かった」と述べたとのことです。

 オリンピック準備が本科的に始まり今回コースはオリンピック終了まで利用できなくなります。ぜひ記念に夢の大橋コースを体験しましょう!

投稿日: 2018年12月18日wrun190112